レビトラを購入前にあなたの身体は服用出来るか確認!

医師に相談する様子

レビトラは誰でも服用できるわけではありません。副作用が出る可能性が高い人は服用できませんので個人輸入をする場合には必ず自分で確認してください。
まず当然ですが女性は服用できません、男性向けに開発された薬であり女性の体に合うようには作られていないからです。
他にも未成年の方も服用できません、ただし既婚者は服用できます。これは副作用がどうのではなく子供ができる可能性のことを考えての決断です。
そして以前医師から性行為をの禁止を言い渡されている方もレビトラは服用できませんので気を付けましょう。性行為そのものが命とりになります。
病気や薬や体質が原因で服用できない場合もあります。例えば不整脈があり薬を飲んでいる方、高血圧や低血圧の方やHIVの治療薬を飲んでいる方や抗真菌剤を飲んでいる方や肝臓障害があったり不安定狭心症の方などもできません。
これらに当てはまっていないように思っても実は知らない間に高血圧や低血圧になっていることもあるので必ず医師に診察してもらった後で服用するようにしてください。これらの条件に当てはまっているのにも関わらず服用した場合100パーセント重篤な症状が出ると決まったわけではありませんがリスクが高いのは確かです。
EDの治療をすることも大事ですがEDそのものは病気ではありませんし自分の命を守ることが何よりも大事なのです。
自分の飲んでいる薬についてもあまりきちんと把握していない方もいますので必ず確かめるようにしましょう。あとサプリメントは医薬品ですので飲み合わせはさほど気にせずに好さそうですが物によっては影響することもあるので医師にサプリメントを飲んでいることも伝えたほうがいいでしょう。